韓国ドラマ「スノードロップ」の作品情報・あらすじ・感想

大好きなチョン・ヘインが見たくて「スノードロップ」を見てみたよ~♪
ギター弾いたり歌を歌ったりするヘインも見られたし、黒Tシャツ来て機関銃をぶっ放してる(!)ヘインも見られたし満足したww

目次

作品情報

  • 邦題:スノードロップ
  • 原題:설강화
  • 英題:Snow Drop
  • 放送:2021年
  • 話数:16話(1話約90分)
  • 日本国内配信:Disney+(ディズニープラス)(2022.9現在)
U-NEXT

予告編

あらすじ

1987年、民主化運動が激化する時代。ホス女子大学に通うヨンロ(キム・ジス)は、女子寮のルームメイトの誘いで合コンに参加する。そこで出会ったのはベルリン大学院に在籍するというスホ(チョン・ヘイン)だった。すこし影のある男性スホに惹かれていくヨンロだったが、その後、彼との連絡は途絶えてしまう。

しかしある日の夜、女子寮のヨンロの部屋に血まみれのスホが突然現れる。事情を知らぬまま密かにスホをかくまうことにしたヨンロだったが、スホは北朝鮮の工作員だった…

二つの国の思惑に翻弄される人々と、許されない愛を描いたロマンチックメロドラマです。

評価(momoruruが勝手に採点♪)

momoruru

総合評価 84点

北の工作員と安企部長の娘の許されない愛を描いたラブロマンス&サスペンス。時代が時代だけに、運命への抗えなさが半端ないんだわ!

どこにも逃げられないし誰も助けてくれないっていう行き場のない世界は見てて苦しくなっちゃったよ~。

ただ…とにかくチョン・ヘインはかっこいい!そして助演のベテラン勢の演技は圧巻!それから80年代の雰囲気たっぷりに作り上げられた映像は見ごたえありw

個人的にはもう少しロマンス要素が多い方が嬉しかったかなw

感想

なんか人がいっぱいいるんよ!

冒頭は女子寮のシーンで個性的な女子大学生が盛りだくさん出てきて…と思ったら、場面が変わって政治ドラマを思わせるような権力闘争が始まり、なのに今度は安全企画部?ドイツでの殺人?北朝鮮の工作員?どんどん場面がチェンジしてとにかくじゃんじゃんばりばり人が出てきて、誰が誰やら全然分からーん!!

こんなに人がいるドラマは初めてよw視聴前に相関図を見てしっかり勉強しておくことをオススメしちゃうw

JTBC公式より
主要なキャストだけでもこんなにw

ラブストーリー?サスペンス?

ロマンチックメロドラマとかって聞いてたから、そのつもりで見始めたんだけど…それはちょっと違う気がするw部分的にはロマンチックかもしれないけど、ほぼほぼサスペンスのような…。このドラマ、脚本も監督も「SKYキャッスル」と同じなんだって。それにはなんだか妙に納得です。

ストーリーの比率としてはこんな感じかな~↓

  • お花畑ロマンス(5%)
  • おじさん同士の足の引っ張り合い(20%)
  • トラブル多発の先の見えない立てこもり(65%)
  • 余計なことするブノクちゃんw(10%)

一部ロマンチックかもしれないけど、ほぼ全部サスペンスだった気がする…。

momoruru

この続きはネタバレありますのでご注意を~

今日の味方は明日の敵!誰も信じちゃだめだ~

まず前提として韓国と北朝鮮の間に交わされた選挙工作のための密約があるのよね。その密約のせいで、韓国の学生寮内で北朝鮮の工作員スホが起こした人質事件が、簡単には解決できない難しい問題になっちゃうの。

想定外の事件があれこれ起きてたせいで計画が狂い始めて、事情が入り組んで解決できないほど窮地に追い込まれていく…。選挙の思惑で動く韓国側も、権力争いのせいで指揮の意図が読めない北朝鮮側も、次にどう出るのか全く予測できないんだ~。

ストーリーが一転二転して、味方側も敵側も情勢がどんどん変わり、味方だと思ってた人が敵になって、敵だと思ってた人が味方になって、そこから更に寝返って裏切られての連続…!とにかくセリフ1つ聞き逃せない鮮やかなストーリー展開で最終話まで驚かされ続けたよ。

とにかくずっと寮の中…外の世界へ行きたいよ~!

この目まぐるしいサスペンスにどっぷりハマることができればきっと楽しい視聴になったはずなんだけど、正直、私にはちょっと難しかったかも~。

というのもこのドラマは1話90分もあって全16話となかなか長め。しかもそのほとんどが薄暗い寮内でのシーンで場面にあんまり変化がない(なんと5話から16話までずっと寮の中だ!)。次々に事件が発生するし、状況は刻々と変化するんだけど、結局のところ寮内の生活は大して変わらず(所詮みんな寮の中さ)、この代り映えのない膨大なシーンを飽きずに視聴するのはなかなか難しいかったぁ…。

JTBC公式より

それなら主役2人の美しいロマンスがストーリーを引っ張ってくれるのかな?と思いきや、このロマンスが全く効いてないんだよ~!

だってね、そもそもこの緊迫の状況下で恋愛はありえないんだもん。

祖国に帰れない状況の中で命懸けで戦ってる同志たちに対しても、人質として何日も閉じ込められて命を落とす不安と隣り合わせの寮生たちに対しても、主人公たちだけコッソリいちゃついてるわけにもいかないだろうし…恋愛どころじゃないのよね。

チョン・ヘインが好きだから根性で最後まで見たけど…サスペンスよりロマンスが好きな私にとってはいまいちハマれないドラマだったかも~。

80年代の雰囲気満載!

でもこのドラマには良い所が2つあったなって思ってて、まず1つ目は映像のクオリティが高いこと~!

80年代の雰囲気が画面から溢れてて、統一感があるから世界に浸りやすい!音楽もファッションもかなり凝ってるんだけど、建物とかセットの小物までめちゃくちゃこだわってて、電話機からドアノブまで80年代っぽい。

特に寮の中はごちゃごちゃしてるから置かれてる物量もすごいのに、よくもこんなに集めたなあ~って感心しちゃった!(立てこもりシーンが始まってからは薄暗くなっちゃってあんまり見えないんだけどね…)

JTBC公式より

ベテラン勢の演技が効いてる!

もう1つ良かったのは、主役のチョン・ヘインとジス以外に、主役級の役者さんたちがたくさん出てること~。だから演技にも迫力があって、緊迫感や嫌悪感がたっぷりで見ててヒリヒリした~!特におじさま&おばさまたちの腹の探り合いと罵り合いの演技合戦は圧巻よ。見てると頭痛がするくらいうるさいんだけど、ここまで嫌な感じを出せるのもスゴイわ。

誰が出てるかっていうと(私が知ってる範囲で)脚本も監督も「SKYキャッスル」と同じ人なだけあってユン・セアと「偶然見つけたハル」にも出てたキム・ヘユンでしょ。それから「真心が届く」のユ・インナ、「社内お見合い」のキム・ミンギュ、「30だけど17です」のチョン・ユジン、「ボーイフレンド」のチャン・スンジョ、「仮面の王 イ・ソン」のホ・ジュンホ、「空から降る一億の星」のパク・ウンソン、「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のペク・ジウォンなどなど。みなさん上手なので安心して見てられた。

中でも特に目立ってたのは安企部チーム長イ・ガンム役のチャン・スンジョだったかな。この人このドラマの中では髪ぼっさぼさで服も汚れてたけど(立てこもってるからずっと風呂に入れてないのでね…)、目力があってイケメンで影もあって素敵な俳優さん~。「ボーイフレンド」の元旦那さん役が印象的だったし。あんまりドラマで見かけないけど、実はミュージカル俳優なんだって。後半になるほど重要な存在になってセリフも増えてきて、かなり見ごたえあった!

JTBC公式より

ただ、このイ・ガンムってさ、人質としての価値は無さそうだし、何度も何度も工作員たちに立ち向かってくる厄介な男なのに、工作員たちがなんだかんだイ・ガンムを殺さないっていう設定にはさすがに無理があった気もするけども(いつも紐で縛っとくだけだから結局またほどいて逃げちゃうんだよね~)。

まあ、そもそもこのドラマって、工作員が人質たちに対して「容赦なく殺す!」って言うけど思いっきり容赦してくれるし、「(今回は見逃すけど)次はためらわずに撃つ」とか言うけど次もためらってくれるんだけどね…(優しい世界)。

それから、チョン・ユジンが演じてたイ・ガンムの元婚約者で安企部のハンナもすごく魅力的な人だったな。戦う女は好きよ~w失踪した愛する男のためにわざわざ安企部に入社して、ガンムを救うためには危険を顧みず何でもやってのける姿がカッコイイ!この人いつも主役はやらないんだけど、選ぶ役が面白いのよねw

それと意外な配役だったのは、やっぱり外科医カン・チョンヤを演じてたユ・インナ。いつも可愛いイメージのユ・インナなのに、このドラマでは黒髪&メガネで真逆な雰囲気~!アクションシーンもあったので驚いちゃった。北朝鮮の工作員「牡丹峰(モランボン)1号」っていう役だったんだけど、モランボンってそういう意味だったの~!って初めて知ったし。

JTBC公式より

それから、ここぞって時に必ず余計なことしちゃうキム・ヘユン演じるブノクがもうほんと厄介!ホントあなたって子はイライラさせてくれるじゃな~い!wキム・ヘユンはにくったらしい演技が上手い!w

ヨンロはあざとい系な気もする!?

ヒロインのヨンロを演じてたBLACK PINKのジスの演技は初めて見たよ~。いつも不安そうに瞳がフルフル揺れてて、純真なヨンロ役は結構合ってる気がした。ただ、声が子供っぽいっていうか、低めで甘ったれで舌足らずな喋り方なので…あんまり知的には見えづらいかなっていうか、この人は演じられる役が限られそうな気がするかな?

JTBC公式より

ヨンロは真っすぐな女の子だけど、お店で視聴しながら歌っちゃうとか、レジ行ったらたった2500ウォンが財布にないとか、明らかなドジっ子!しかもマッチの塔が倒れそうになってるのに、マッチを触らずに男の手を掴む(しかも両手で?!)なんて、ただのドジっ子じゃなくて実はあざとい系では!?父親が安企部長だってことを友達にもずっと内緒にしてたし若干怪し~いw

完全に私の好みの問題なんだけど、”俺が守ってやらなきゃ系のヒロイン”はあまり好きじゃなくて。キラキラした目で立派なこと言いがちだけど、特に作戦も立てずに正義感だけで行動しちゃうので、余計なことして周りが大怪我するパターン多いので苦手…(例えば「雲が描いた月明かり」とかもそう)。

考えてみたらヨンロが頑張ったのは食堂のご飯取ってくるぐらいだったような気もするし、あとはただ端っこでシクシクしたりモヤモヤしてるばかっりで、ストーリーが進むにつれて徐々に存在感が消えて行ったヒロインだったような…。

最後にスホのところに戻っちゃったのも、意見が別れるところだとは思うけど…。スホはみんなを巻き込んでしまったことを後悔していて、ヨンロには生きのびて欲しかったわけじゃん。せっかく自分を盾にして逃がしたのになあって思うと、戻ってくるのは残念だったな~。

当然ヨンロは全て覚悟して戻ったのかと思いきや、スホが打たれた傷を見て狼狽しててさ。えええ?まさか2人とも無傷で逃げられるとでも思ってたの?ってむしろ見てるこっちが狼狽した…。

黒Tのチョン・ヘインの腕がヤバイw

さてさて最後に、私の大好きなチョン・ヘインw2021年のこのドラマでは痩せて精悍になった気がした!30歳になってもまだ高校生役に違和感ゼロだったヘインだけど(映画「ユ・ヨルの音楽アルバム」をご覧くださいw)、このドラマではかなりワイルドに仕上がってちゃっててカッコイイ~!もうさすがに高校生役は無理そうw

このドラマの序盤では、看病を口実に(?)ヘインの鍛え上げられた肉体美を右から左から色んな角度でズームしてくれる謎のご褒美シーン(?w)があるのでそこは必見かな~w

でもね、私はヘインがにこにこしてるのが一番好きなのに、このドラマは全然にこにこしてるシーンがなくってそこだけは残念…(そういう役ですw)。

JTBC公式より

ヘインが演じてたスホは、主役だし登場シーンがめちゃくちゃ多いんだけど、セリフはそこまで多くないのよ。しかもほとんどが顔のアップ。

つまりどういうことかっていうと、セリフもなく表情だけの演技がめちゃくちゃ多い!!「何も言わずに苦悩の表情を浮かべるスホ…」みたいなシーンが何度も出てきて、苦悩の表情の引き出し多すぎて驚いちゃったわ。でもこんなに顔ばっかり撮られるの大変だったろうな。私なら顔面ひきつりそう~。

しかし、私はスホにこれだけは言っておきたいことがあるっ!wスホは工作員なのに脇が甘すぎる~!

合コン行くのは仕方ないとして、その後でカセット買ってあげるなんて…そんなんダメに決まってるじゃん~!ホントの工作員なら迂闊に他人とは関わっちゃだめなんじゃないの~?オープンハウスで射撃の腕を見せつけて目立つとか超ありえないし、のんびり紙飛行機折ってる場合じゃない!ww

というのはね、ここで映画「シークレット・ミッション」のドングを思い出して欲しいわけですよw(緑ジャージのキム・スヒョン主演の映画だよw)ドングは自分が工作員だってことを隠すために、毎日ストイックにアホとして生活してたじゃん?鼻水垂らして子供にいじめられて、階段は必ず転がって落ちてたしww

まあ多分ドングが特殊なんだろうけど(w)フツーにかっこよく暮らすスホを見てちょっとびっくりしちゃったw

そんなこんなでこのドラマ、濃いめのサスペンスで見ごたえも十分にあったんだけれど、ロマンスはとっても淡めなので、ヘインのメロを期待して見ると当てが外れるかもしれないよ~。私は危うく脱落しかけた…けどヘイン見たさで最後までなんとか頑張った!w

JTBC公式より

ああ、そうそう、ところでこのドラマってやけに音声を拾うなーって思ってたんだけど。静かなシーンが多いせいか、服がこすれる音とか息遣いまでよく聞こえるの。緊迫のシーンでもスンハースンハー言ってるのがよく聞こえてて…wちょっとどきどきしちゃったw焦って演技してたらバレそうw

momoruru

タイトルにもなっている「スノードロップ」の花が全然出てこないじゃ~んて思ってたら、2話で血痕を隠すために置いた鉢植えが、16話で咲いてて「うああ!コレだったのか…!!」って震えたw

  • URLをコピーしました!
目次